先物取引の心得

取引失敗を恐れずに

先物取引を続けていればいずれ何らかの損失を出すことになります。初めから終わりまで損益を常にプラスにすることは不可能です。このページではこの損失に繋がる「失敗」についての心得を紹介します。

失敗を経験した分、上達する

先物取引では、どれだけ投資や取引に関して勉強に時間を費やしても、どれだけ難しい本を読んでも、結局は取引をどれだけ経験しているかどうかが投資の成績に大きく影響してきます。失敗の原因が「取引ルールの誤解」していたために起こるかもしれませんし、そもそもルールをきちんと熟知していなかったケースも考えられます。知識が足りないだけでなく、単純に人為的な発注ミスで失敗することも十分起こりうる事態です。しかし、実際に取引を通じて失敗経験を積み重ねていけば、次回では同じ轍を踏まないように対策を講じることが可能となります。基礎知識を完璧にし、応用知識も参考書で補って理論武装したとしても、実際の取引現場で通じないことは山ほど出てきます。取引において一体何が重要なのか、何が不要な情報かを区別するのも、最終的に自身の経験に基づくことで可能となるのです。取引に失敗すること自体は問題ありませんし、現在取引で大きな利益を出している方だって、例外なく過去に多くの失敗を重ねています。その失敗が経験として培われた結果、大きな利益を生み出すことに成功しているのです。 しかしここで誤解しないで欲しいのは「失敗をしたほうがいい」ということではないということ。流石に取引で失敗ばかり繰り返していては精神的ストレスが大きくなるばかりか、最悪の場合破産しかねません。「失敗をしても構わないけど、経験値を積む前にせめて破産だけはしない」というのが一つの結論です。そして破産をしないために最も重要なことは、資金管理です。
Copylight(C) 先物WORLD. All Right Reserved.